祝!銀河連邦30周年!

応答せよ!銀河連邦!

 

1987年。

宇宙に最も近い都市・相模原市は「サガミハラ共和国」を名乗り、JAXA関連施設のある1市3町と互いに友好を深めるべく「銀河連邦」設立を宣言。

やがて5市2町に勢力を拡大し現在に至る。

その誕生から今年で記念すべき30周年。


月光団は銀河連邦を構成する各共和国と交信を試み、共和国の最新情報を獲得する困難なミッションに直面していた。

2017年4月 スタート
銀河連邦は、宇宙開発の最先端技術を研究している宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究施設が縁で交流を始めた5市2町が、ユーモアとパロディの精神で連邦国家を組織し、それぞれの共和国が手を取り合い、相互の理解と親善を深めることにより、宇宙平和の一翼を担うとともに、人々の笑顔あふれるユートピアの創造をめざしています。
子どもたちの留学交流事業を始め、スポーツ交流や経済交流、銀河連邦フォーラムの開催などを通じて友好を深め、相互の発展と宇宙への夢とロマンを育むことを目的としています。                                                                 銀河連邦のついて詳しくはこちら

4月23日放送

第一話

「月光団、北へ」

~北の大地の共和国・タイキ共和国~

月光団、北へ。

月光団が初めに交信を求めたのは、長大な滑走路を持つ北海道・タイキ共和国。

この日、タイキ共和国は吹雪。

月光団が得た情報は「温泉」と「独自の宇宙食」だった。

5月28日放送

第二話

「椿の妖精・オオフナトンの魔法」

~親愛なるサンリクオオフナト共和国~

タイキ共和国と交信に成功した月光団。

次に向かうのは美しき海岸線を持つサンリクオオフナト共和国。

サガミハラ共和国と友好が深いこの共和国で月光団を待っていたのは

椿の妖精だった。

7月1日放送

第二話

「白神山地を越えて」

~風の街・ノシロ共和国~

サンリクオオフナト共和国で、かもめの玉子の補給に成功した月光団。進路は西へ。
月光団の目の前に広がったのは世界自然遺産・白神山地だった。

 

inserted by FC2 system